Top > 小資本ビジネスは兼業・副業向き

小資本ビジネスは兼業・副業向き

売り上げの大きさは、商売に投じた資金の大きさにほぼ比例します。儲けもほぼ売り上げに比例するのです。

そうなると、開業資金が少ない商売は、それだけで十分に生活できる収入が得られないことになります。

だから他に収入を確保して、それを補う形で、つまり兼業や副業で商売を始める方が良いです。

しかし、兼業で注意したいのは、本業との相乗効果です。

相乗効果とは、1+1=2以上になることで、新しい商売を始めることによって、単独で商売するよりコストや生産性が高い結果が得られるということです。

商売で大切な少女効果は、①仕事の相乗効果、②お客の相乗効果、③設備の相乗効果、④イメージとの相乗効果の4つです。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
小資本ビジネスは兼業・副業向き(2009年6月12日)
4つの相乗効果(2009年6月12日)
専業で小資本ビジネスに挑戦するには(2009年6月12日)
力の入れ具合で成功が左右する(2009年6月12日)
代理店ビジネスの選び方(2009年6月12日)