Top > 専業で小資本ビジネスに挑戦するには

専業で小資本ビジネスに挑戦するには

小資本ビジネスでは、なかなか思うように収入を得ることができません。そこで、専業で始める場合は、無理をしないということです。
最初から店舗や事務所を構えて、社員を雇って商売を始めては、決してうまく行きません。最初は、自宅で始め、ある程度の収入の見込みがたってきてから、徐々に事業を大きくしていくのがよいでしょう。
そこで、最初は、極力毎月の支出を抑えることに心がけたい。商売を始めるとなると、あれも、これも欲しい気持ちになります。それをじっと我慢して、必要最小限の準備でスタートします。
そして、お金の使い方に十分注意します。お金の使い方には、生活費や遊興費などと、商売に使うお金があります。
生活費などは、いくら使っても使っても、それからは利益は生まれません。だから極力抑えて少しでも商売に再投資する。そして、少しずつ商売に必要な財産を殖やしていくことです。こうした循環で商売が大きくなります。
小資本ビジネスは、こうして少しずつ商売を大きくすることが大切です。焦らずにじっくり取り掛かることです。

 

 アダルト  日経225  eワラント
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
小資本ビジネスは兼業・副業向き(2009年6月12日)
4つの相乗効果(2009年6月12日)
専業で小資本ビジネスに挑戦するには(2009年6月12日)
力の入れ具合で成功が左右する(2009年6月12日)
代理店ビジネスの選び方(2009年6月12日)