Top > 力の入れ具合で成功が左右する

力の入れ具合で成功が左右する

小資本ビジネスは、投下資金が少ないから、簡単に考え始め、駄目と思ったら直ぐにやめてしまう人が多い。

投下資本が少ないほど、成果が上がるまで時間がかかる。粘り強く販売していくことが大切です。

また、兼業の場合、その新しい商売にどれだけ一生懸命力を注ぐことができるかということがポイントになります。

そこで、新しく商売を始めた場合、その商売でどの程度、どのくらいに時間を割くか、そして、どのような時間帯や曜日でどんなしごとをするか、きちんと決めて実行することが大切です。

これができないような意志の弱い人は、小資本ビジネスには向きません。

 

 留学  講座  SOHO・在宅ワーク
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
小資本ビジネスは兼業・副業向き(2009年6月12日)
4つの相乗効果(2009年6月12日)
専業で小資本ビジネスに挑戦するには(2009年6月12日)
力の入れ具合で成功が左右する(2009年6月12日)
代理店ビジネスの選び方(2009年6月12日)